職人目線~本革だと行程が増える~

みなさんこんにちは。

ブログ初登場のTです。

今回は、先日ご紹介しました、西尾市のO様の本革張りソファの縫製話をお届けしたいと思います。

 

このソファのデザインポイントの一つは、背モタレとシートの周りをぐるりと飾るパイピングです。

 

 

これが中に挟むビニール芯です。

 

このパイピングは、革を挟んで縫うだけではくた~っとなってしまい、しまりが無くなってしまうんです。

どうしたらよいか、試行錯誤した結果・・・

 

中に、2本のビニール芯を入れて挟み込むことで、しっかりとハリのあるフォルムに仕上がりました。

 

見た目もキリリッ!と締まり、とても素敵なソファに仕上げることが出来ました。

そしてもう1つ。

革の縫製は、縫い代が重なると厚くなりすぎてしまい、縫うのも困難な為、革漉きの機械を使い、

縫い代の部分を薄く漉いて縫製します。

 

 

 

この漉きの作業は、少しでも気を抜くと、

穴をあけてしまったり、薄くなりすぎてしまったりするので、慎重に作業を行います。

この作業を行う事で、不自然なふくらみが出ることなく、自然な繋ぎ目を作ることが可能になるのです。

こうした、職人たちのこだわりポイントをお客様に知って頂き、お渡しをする際に、

その部分にも注目してもらえますと嬉しいです。

 

 

 

 

どうも、みなさん、ヤマシロです!

 

職人のTさん、ブログ登場有難う御座います。

 

また次回もおたのしみにー(≧∇≦)

 

ホームページの方も、宜しくお願いしますね(* ̄Oノ ̄*)

 

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

 

ルンルンイスの着せかえ屋さんSOHO音譜

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です