椅子の生地について(春らしい生地)

といえば、季節の変わり目、衣替えの季節ですよね(*^_^*)

ウール素材の重たいコートを脱いで心地よい素材のものが着てみたくなります。

 

 

着せかえも同じようにお家の椅子もらしく変えてみませんか?

そこで、今回はらしい生地での着せかえをダイレクトに紹介してみたいと思います。

サンゲツクラシックリリー

全体的に花が咲き乱れて、とてもらしい生地ですね。

 

 

まだ少し早いですが、紫陽花の生地もとても華やかな鏡台椅子に着せかえされています。

 

 

これは カサブランカの花をイメージした生地 カサブランカメモリー

 

サンゲツ ジョゼフィーヌ 薔薇の生地です。

 

薔薇と言えば…

この生地は 1893年にイギリスのデザイナー ウイリアム・モリス がデザインした ピンクアンドローズ

薔薇カーネーションが絡み合うデザインの生地です。

ピンクアンドローズピンクとは英名でカーネーションだそうです。

 

こちらは、

1883年に ウイリアム・モリス が スイカズラ の花をデザインした ハニーサクル

とても豪華です。 一枚の絵を見ているようですね。

 

 

 

椅子のデザインと生地がマッチしていますね。

今回はらしい生地ということで花柄での着せかえの椅子を紹介しました。

みなさんのお家の椅子もらしい生地に着せかえしてみませんか?

 

SOHO 大森でした✿

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です