籐(とう)椅子の着せかえ

みなさんこんにちは。
型取り・裁断の村田です。

今回は着せかえ依頼の中でも意外に多い、
背モタレが籐(とう)の食堂椅子についての事例紹介です。

 

通常、背モタレの籐が経年などで破れた場合、同じように籐で張り直すしか無いとみなさんは考えるかもしれませんが、

シートと同じように籐以外の布地や合成レザーで張ることが可能です。

その中の一部を写真でご紹介いたします。

 

 

 

 

どうでしょうか?イメージが変わりオススメです!

最近はシートとモタレで違う生地で張り替える方が多い事がブログをしていて気が付きました。

2色張りにするなど自分の好きな生地を選べるのがSOHOの魅力です。

 

しかし籐を剥がしてみると、溝の深さ・広さ・形状など様々な要因で張り替えが難しい物が多く、

生地よってはできない場合もあるのでご相談ください。

 

特に数ある中でも3D形状になっている背もたれのものがあり、そちらは大変高度な技術が必要となってきます。

そちらのご紹介も、この先出来ればと考えてます。

 

宜しくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です