セパレート型ソファ張替紹介

みなさん、こんにちは。

イスの着せかえ屋さんSOHOのヤマシロです。

 

今回は、セパレート型ソファの張替のご紹介です。

こちらのソファは、元々の表皮は本革が張ってあるソファです。

使用していく中で、革の表面が擦り切れてしまい、表皮の下にあるウレタンクッションの部分が見えてしまっています。

 

今回のソファの張替は、合成レザーを使用しての張替です。

御客様との打ち合わせの中で、細かい部分の縫製仕様の変更などはお任せ頂ける事になりました。

これは、使用する生地の素材が変わると、その特性の為、元々あったシワを同じように再現できなかったり、綺麗に仕上ることが難しくなる場合があるためです。(生地の硬さや伸び率など様々な要因があります)

内部の修繕は、ウレタンクッションの部分と、さらに下の部分、掛け心地のベースとなる部分のエラストベルトを補強し、

その上からより面で体重をとらえることも考慮したニット生地を張っています。

 

 

完成品のお写真がこちらです。

サイドからの写真を比較すると分かりやすいですが、細かい縫製のツナギの部分を無くしたりしています。

 

デザイン的に無いとおかしくなる場合は、同じようにやりますが、お任せ頂いた場合はより強度が出るように考えて縫製品を仕上げていきます。(縫製の箇所が増えるほど、より生地に穴をあけて縫っていくことになる為)

 

実は、お客様の家には今回張替をしないコーナーソファがあったのですが、今回張替をしたソファとの座面の高さの違いが出ないように細心の注意を払い仕上げていきました。

座面のクッションの高さを合わせる為に、何度もウレタンクッションの修繕、縫製品と本体を合わせて張った時の仮張り等を繰り返して完成をさせました。

 

この度は、イスの着せかえ屋さんSOHOをご用命頂きまして、有難う御座いました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です