素材を変えて着せかえするなら…

こんにちわ
秋も深まり紅葉も見頃になって来ましたね!

もう見に行きましたか?

街はイルミネーションで
キラキラと着飾って本当に綺麗ですよね!

 

お部屋も冬バージョンに着せ替えして

気分をあげて行きましょう

 

 

 

今回は素材を変更して張り替えるなら

オススメの失敗しない

生地選びを紹介したいと思います

例えば
革から素材を変えて
着せ替えするには
どんな生地を選べば最適だと思いますか?

 

革はキズが多かったり、
形が変形していたりしているために
大きなパーツを取ることが困難です。

そのために革を使っているソファー等は
細かく繋いで、
できる限り無駄の出ないように
デザインされている事が多いです。

 

という事は、
生地が変われば
繋がなくてもいいデザインに
変更可能になるという訳です。

 

もちろん構造上で必要な繋ぎは
変更出来ませんが…

 

特に大きな柄物の生地に変更したい場合は
柄が綺麗に見えるように繋ぎ目を無くしたいですよね!

例えばこんな生地です。

繋ぎ目の無くせるデザインなら是非チャレンジしたい素敵な柄ですが

もしも繋いでしまって柄が合わなくなったら残念ですよね?

こういう生地は繋ぎのあるデザインには無向きです(๑╯ﻌ╰๑)

 

あと

 

ほつれやすい生地を使用する場合も

強度を上げるためになるべく繋ぎ目を無くして
丈夫に仕上げたいですね!

 

繋ぎ目がデザインの場合もあるので、

それを活かしたいなら選ぶ生地は

同じ革か

無地の合皮のレザーか

丈夫な無地の布が

 

オススメです。

 

今までのイメージを変えることなく仕上げられますよ!

 

カラーチェンジするだけでも
イメージはガラリと変更出来るので
色で遊ぶのも良いと思います。

 

しかし、素材を変更する場合は
ソファーの形によっては
風合いがかなり変わってしまうというリスクが
発生してしまいます…

 

生地選びは慎重に(^ー^;)

 

今年も残すところあと1ヶ月と少しになりました
新年に間に合うように
お部屋をガラリと模様替えして見ませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です