アンティークソファ(100年)の着せ替え

こんにちは。

SOHO大森です。6月も半ばに入り、梅雨入りと同時に暑くなってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今回紹介する椅子は 刈谷市にあります 『建材市場 刈谷』のお店の椅子、

100年物ソファの着せ替えです。

6月27日にお店のリニューアルオープンされると言うことで、ソファの張替のお仕事をいただきました。

 

こちらは

リニューアル前の店内です

 

           

 

で今回の100年物のソファです

     

 

 

     

 

川島織物の『マリーゴールド』という生地で張替します。

 

現状のバネを使って補強していきます

 

 

 

 

 

 

放射線状に紐をつけて、バネの均一性を保つようにします

 

その後に麻のヘッシャンクロス(荒い麻の布)で底張りします

この技法は大変な手間がかかり、技術もいります。

これぞ、『職人技』ですね

 

 

 

 

こちらは、塗装前です。

接着修理もします。

        

 

 

 

        

 

このソファの脚が一本だけスチール素材になっております。

スチール素材を隠すために木製カバーも作りました。

 

     

 

 

      

 

 

塗装も仕上がり、見違えるようなアンティークソファになりました

 

 

    

 

 

 

        

 

リニューアルオープンは27日なので、また次回、お店の雰囲気もお伝えしたいと思います。

100年の歴史を感じるソファ、見違える様に素敵になりました。

皆さんもお家に眠っている椅子、着せ替えしてみてはいかがでしょうか?

お問合せ、お待ちしておりますね。

 

最後に

こちら、建材市場さんで購入した水差し、SOHOのショールームに飾ってありますよ。

見に来てくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です