一脚に色んなハギレを使って…

こんにちは、SOHOです。

近頃多くのお客様がハギレ生地をお買い求めに来てくださっていて、大変ありがたく思います。

 

前回に引き続き、ハギレ活用のお話です。

今回は色んなハギレを少しずつ利用して、使い慣れた椅子を

さらに使いやすく改良した実例をご紹介します。

10年使ったこのダイニングチェア。

「シート部分が深く、腰が落ちて姿勢が悪くなってしまうため疲れてしまう」

ということで、

革のハギレで帯を作ります。

これが、クッション落下防止の役割を果たします。

そこに、黒い生地のハギレで作ったクッションを乗せると、

シート部分が浅くなり、背もたれも前に出て腰が曲がらなくなり

以前より楽に座れるようになったとのことです。

 

ちなみに・・・・

このクッション。

裏は合皮レザーで出来ており、それが滑り止めの役割も果たしています。

表裏をひっくり返せばリバーシブルとしても使えて、椅子の表情がガラリと変わります。

このクッションも、その時たまたま残っていた生地のハギレを使って作った、オリジナルのものなのです。

 

このように、少しの工夫で現在使用している椅子が、さらに良くなるものもあります。

弊社ではダイニングチェアに合うように作った、オリジナルクッションの展示品もございます。

ハギレ棚を覗くついでに、是非ショールームに遊びに来てください。

 

↓インスタもはじめました!フォローよろしくお願いいたします^^

イスの着せかえ屋さんSOHO

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です