無から有へ・・・!

みなさん、こんにちは。パンダ
イスの着せかえ屋さんSOHOのヤマシロです。得意げ

すっかり寒くなりました。年の瀬はどうも何をするにしても
焦ってしまいます。ダメですよね。落ち着いていきます!

と、下書きを書いたのが12月某日・・・・

鏡餅みなさま、あけましておめでとうございます!!鏡餅

ヒツジ今年も一年、皆様どうか宜しくお願い致しますヒツジ

更新が遅れて申し訳ございません。

クリスマスやら年越しやらのイベント事に絡めて色々書くことがあったのですが、
気が付いたら年越しして、仕事始めになっていました!ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

こんなことってあるんですね( °д°)…

また更新していきますので、御閲覧宜しくお願い致しますm(u_u)m

本日ご紹介するのは、知立市にあるO歯科クリニック様です!
名前出しに関して「多分大丈夫じゃないですか?」との事でした。…確証がなかったので、ギリギリ伏せさせて頂きますクマ

O歯科クリニック様からの依頼は・・・

O歯科クリニック様

こちらおひつじ座

待合室に置いてある、ベンチタイプのイスです。
ご覧いただいた通り、シートが木部そのままです。
この状態だと、座った時にお尻が痛くなるようで、待合室という性質上、
座っている時間が長いです。
今回は、このシートの木部の上に、ウレタンフォームを使用してクッションを載せて、合成レザーを本体に張り込みます晴れ

この作業の難しいのは、元々あるものの補修をするわけではなく、1から作製していく為、クッションのサイズ、形状、硬さ、張りあがった時の美しさ
挙げればキリがないですがこれらを考えなければなりません。
出来上がった時の美しさと長く使っていただける強度、座った時の座り心地をイメージしながら作製していく為、
経験と技術が必要になります。

様々な事を考慮しながら、職人は張り上げていきます。

O歯科クリニック様2

こちらが張りあがったイスです。

これで、長い時間座っていてもお尻・腰が痛くなりにくくなったと思います。

O歯科クリニック様3

・・・本当は窓から外が見える風景を取りたかったのですが、見事にSOHOの車が塞いでしまっていますね( ̄ー ̄)

O歯科クリニック様からは、その後、またクッション部分がないイスのクッション作製+張りのお話を頂きました。

O歯科クリニック様①

こちらですね。
こちらは、働いている方の休憩室に置いてあるイスとの事です。
こちらも、ベンチイスと同様に、クッション材を盛ってやり、合成レザーで張りました。

O歯科クリニック様②

こちらです^^

O歯科クリニック様③

クッション性が増すこともいいのですが、シートを張っただけで雰囲気が変わりますね(ノ^^)八(^^ )ノ

O歯科クリニック様④

前に比べて、座りやすくなり、休憩室内の雰囲気も変わったのではないでしょうか?
O歯科クリニック様、どうも有り難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です