ソフトレザーからハードレザーへ

みなさん、こんにちは。

イスの着せかえ屋さんSOHOのヤマシロです。

 

今回は、着せかえをする際に気をつける点をご紹介いたします。

 

こちらは刈谷市のT様のソファです。

座部分が手前に出てくる可変式のソファで「ソフトレザー」が張ってあります。

今回はこちらのソファを着せかえるにあたって、「ハードレザー」(ビニールレザー)に変更する事になりました。

ソフトレザーとハードレザーは素材や製造方法が異なるレザーですが、

簡単に違いをお伝えするなら、感触が 柔らかく感じるか、硬く感じるか、というのが分かりやすいかと思います。

 

 

そしてソフトレザーからハードレザーに変える際に注意すべき点があり、シワや差動(丸みのある部分の縫製をする時の手法)部分

が前の素材硬くなった分、同じように表現することが難しいという事です。

 

もちろん、お引き取り前の状態になるべく近付けるように、職人も作業をしますが、やはり限界があります。

こちらは差動を掛けている時のお写真です。

 

生地の厚みや柔らかさは、同じ素材の中でも、商品によって異なる場合がありますが、仕上がりの雰囲気を重要視するのであれば

着せかえ前と同じ素材から選ぶことをお勧めします。

刈谷市のT様はご予算と色味を打ち合わせして、今回はハードレザーでの着せかえになりました。

T様、今回はイスの着せかえ屋さんSOHOをご用命頂きましてありがとうございます。

イスの着せかえを考えているお客様で、買い替えと迷っている、悩んでいるという方がいらっしゃいましたら

いつでも御連絡下さい。

御電話、メール、場所にもよりますが出張の御見積りも行っています。

また、弊社敷地内にショールームも御座いますので、生地のカタログを一緒にみて御話もできます。

 

また次回もお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です