喫茶店イス張替のご紹介

みなさんこんにちは。

イスの着せかえ屋さんSOHOのヤマシロです。

 

 

今回はみよしの喫茶店さんのイスの張替修理の様子をお伝えします。

 

元々、何回か張替をしている椅子です。

 

表皮の劣化に加えて、座面の落ち込みが分かると思います。

これは、座面のウレタンの劣化もありますが、それを支えるベースの部分にも問題があることが多いです。

こちらのイスのも、問題がありました。

 

 

表皮を剥がし、ウレタンが見える状態にします。

座面のウレタンを取ってみると・・・

 

ウレタンを受けるエラストベルトが伸びきってしまっています。

通常の家庭で使う条件よりも、椅子に座る時間がながい業務用のイスは消耗が激しいため、ベースの部分まで修理する必要があるものが多いです。

 

今回は、エラストベルトを張り直して、

 

さらに面で受けるように、ネットも張りました。

これで、エラストベルトだけの状態にくらべて、ベースの耐久性が上がります。

台数が多いため、生地を重ねて裁断をして、縫製につなげます。

 

縫い合わせをします。

手前に見えるグレーの生地は、張った際にダブつかない様に引っ張る部分です。

これがないとピシッとした仕上がりになりません。

 

差動を掛けた上で、生地を縫い合わせていきます。

差動を掛けることによって、丸みのある部分にピタッと納まる縫製品になったり、ワザとシワが出るようにします。

製品によって、シワがある方が高級感が出る場合があります。

 

 

 

出来た縫製品を被せて張りを行い、完成した椅子を納めた店内の写真です。

 

元々の生地よりも少し明るめのレザーで張ったので、店内が前よりも明るくなりました。

また、ベースの部分から修理をしたので、格段に掛け心地は良くなりました。

お客様にゆっくり寛いでもらいたいというオーナーさんのお気持ちに少しでも近づけれたかと思います。

 

たまたま、以前張替をさせて頂いた別のお客様と、オーナーさんが血縁関係があるとのことでビックリするサプライズもありましたが、

しっかりと修理をして、製品を納めることができてよかったです。

 

この度はイスの着せかえ屋さんSOHOをご用命頂きまして、有難う御座いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です