2019飛騨の家具フェスティバルに行ってきました。

9月4日水曜日 2019年飛騨家具の家具フェスティバル に行ってきました。

『飛騨の家具』の特徴と言えば、飛騨地方での伝統工芸「曲木」

「曲木」を取り入れた家具が古くから盛んに生産されています。

 

 

 

     

 

 

 

    

 

 

こちらの長椅子

モタレが取り外しできます。 カバーも洗える仕組みです。

      

 

 

KASHIWA木工のソファです

  

 

会場で見つけた、クッションカバー すごく素敵なんですが取り外しが大変そうですね(^_^;)

 

 

 

こちらのソファ、『ホースレザー』 馬の革で張ってあります。

   

 

馬は牛と違って一頭分丸ごと革が使えるそうです。

また、馬は運動量が多いので余分な脂肪が少ない分、皮が薄く、軽くて柔らかいそうです。

牛革に比べて馬革は繊維が粗い分軽い仕上げになっています。

しかも、薄さの割には馬の方が革は強いという実証もあるそうです。

 

そして、こちらは、『腰に優しい椅子』

    

 

コイルウェーブスプリング というスプリングが座りながらにして骨盤を自由な方向に傾かせ、体圧分散させることができる椅子だそうです。

私も座ってみましたが、確かに腰に負担がかかりにくい! ただ、体重制限のある椅子かもしれませんね。

 

髙山市の街並みと図書館 建物の外観に癒されました(*^。^*)

 

     

 

 

そして、飛騨の家具館

アウトレットの工房では一輪挿しをお土産に買いました。✿✿✿

初めて訪れた家具フェスティバル 普段見られないような飛騨の家具を満喫することができました(^o^)丿

 

以上、SOHO大森でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です