たかがハギレ、されどハギレ

こんにちは、SOHOです。

今回は椅子生地のハギレについてのお話です。

↓ハギレ使用例:色違いの合皮レザーでトイレットペーパーカバー、並べると空間のアクセントにも。

SOHOではお客様のオーダーメイドで、椅子の張替え・着せ替えを承っており、

その関係で、オーダーによって様々なハギレが出てきます。

形もサイズも材質も色々で、有名メーカーの上質なものばかり・・・

そんな生地を有効活用することで、材料の無駄を無くし

お客様の予算軽減にも繋げられるものと考えています。

 

↓椅子としての活用例はこちらの過去記事で

2021年2月26日「高級感溢れる」

↓それ以外のショールームにて製作・販売している小物についてはこちらで
それぞれ紹介しています。
.
他にも一枚目の写真のような活用法はたくさんあります。
↓丈夫な本革は取っ手にすると、手触りも良く掌に馴染みます。
↓撥水性のあるものもあり、薄手の生地は丈夫なクロスに。
↓一見洋柄な生地でも、組み合わせる色と小物で和物インテリアにも。
.
さらには、まったく別の材質のハギレを組み合わせることで
それぞれの良さを引き立たせられるようなアイテムを作り上げることもできます。
.
↓合皮ビニールレザーと起毛柄の布を組み合わせたパッチワーク風
.
この取り組みは、SOHOが以前からテーマに掲げていた経営理念のひとつでもあり
また、SDGs持続可能な再生事業』の一部でもあります。
低コストで良質なものを多くの方が手にすることは、
少しでも廃棄量を減らすこともでき、環境改善への貢献にも繋がります。
.
興味がある方はぜひ一度、
SOHOショールームで上質なハギレを手に取ってみてください。
そのタイミングでしか出会えない生地と、出会えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です